相続について

相続について

相続に関する最近の傾向として

相続について

銀行融資の残高が多い場合、不動産の所有権を個人から法人に移すにあたり融資を受け直すというハードルはかなり高かったのですが、金融機関のこのスキームに対する理解も深まり、実現化がかなり容易になってきました。

相続税増税を機に、相続税の申告や納税に対する不安が高まるなかで検討された結果、不動産経営を法人成りにする場合や、不動産所有法人を設立して新たに不動産経営を開始する場合には、法人加入での生命保険による法人税・相続対策も可能です。

相続税の死亡保険金。死亡退職金の非課税枠はもとより、賃貸建物の大規模修繕費用、相続発生時の遺留分代償交付金、そして法人であれば役員退職金等の支払い原資や相続人からの土地等の買い取り資金として、計画的に生命保険を事業計画に取り組むのが有効です。

法人税の減税、所得税・相続税は増税という税制改正に伴い、これまでの不動産対策の見直しが求められ、不動産経営を取り巻く幅広い知識と、アドバイスが求められています。

相続支援隊は異業種の専門家による実践的な解決サービスの提供を行っています。個別・具体的な問題については、どうぞお気軽にお問い合わせください。

書籍のご案内

相続支援隊の下記書籍が好評販売中です!

 

相続支援隊Facebookのご案内

相続支援隊メンバー公式サイト






PAGE TOP