相続対策事例

相続対策事例

抱える問題点や不安は、
各ご家族によって多種多様です。

「我が家にふさわしい」対策が実行できるよう、
私達「相続支援隊」がお力になりますのでどうぞお気軽にご相談ください。

ご相談

私は勤務医で年間所得は3,000万円を超えます。
今回中古の賃貸マンション1棟を購入予定で、不動産所得は年間のおよそ1,000万円を超えると見込まれます。
今後を考えて何か節税対策をしたいのですが。

対策

「不動産所有法人」を設立します。
法人で賃貸マンションを購入します。
子を株主、妻と子を役員にして、賃貸収入による所得税等を、法人からの給与所得として、節税対策を実行します。


ご相談

親からの相続で都心のマイホームに長女家族と同居しています。
地方勤務の長男がいて、今後の争続対策を考えておきたいのですが。

対策

先の争いを避けるためマイホームを長女に相続させる旨の遺言書作成します。
長男の遺留分確保のため、長女を受取人として生命保険に加入します。


ご相談

父が田舎にマイホームと数棟の賃貸アパート持っていますが、半数以上が空家です。
入院中であと3ヶ月ほどと医者に宣告されました。今何かしておけることはないでしょうか。

対策

「贈与税の配偶者控除」を適用してマイホームを母に贈与します。
子が不動産管理法人を設立して、アパートをすべて一括借上します。


ご相談

老朽化した自宅を取り壊して、ビル建築を予定しています。
1階から4階を賃貸に、5階と6階を住まいにしたいと考えています。
不動産所得は2,000万円ほど見込まれます。
今から節税対策を考えたいのですが。

対策

「不動産所有法人」を設立します。
1階から4階は法人名義で、5階と6階は個人名義で区分登記ビルを建築します。


ご相談

昨年父が亡くなり、賃貸アパート3件を相続しました。
修繕費や空室リスクを考えると、子供達はアパート経営は面倒だからしたくないといいます。
私も老後は身軽に過ごしたく今後のことをご相談したいのです。

対策

不動産を売却して現金化します。
子のマイホーム資金等を援助します。
相続税納税資金と遺産分割調整金目的で一時払いの生命保険に加入します。

書籍のご案内

書籍のご案内

相続支援隊の下記書籍が好評販売中です!

 

相続支援隊Facebookのご案内

相続支援隊メンバー公式サイト






PAGE TOP